赤津の日がな一日

偏った趣向のゲームやおもちゃで遊ぶ日がな一日を綴るブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

友情とは?  

マレット「だから、違うっていってんだろうが!」


アカハナ「いいえ!いくらマレット大尉といえども、違うものは違います!」



ジオン軍シェルツ部隊、基地内休憩所。


その一角で白熱しているマレットとアカハナの姿があった。





シャルロッテ「な、なにあれ?喧嘩でもしてるの?」


少し驚き気味にガデムに尋ねた。



ガデム「いや、実はわしも分からないのじゃ。先ほどここに来たときは、もう二人とも言い争っていたんじゃ」


シャルロッテとガデムをよそに、マレットとアカハナの言い争いはヒートアップしてた。




マ「上官に逆らうとは言い度胸だな、ええ?」

ア「いくら上官であろうと、これだけは譲れません!」




二人はにらみ合いながら一歩も譲らない姿勢を見せていた。



シャ「ど、どうしよう。このままじゃ殴り合いになっちゃうかも」


ガ「う~ん。しかしあの二人があそこまで熱くなるとはのぉ・・」


シャ「めずらしいと言えばめずらしいよね」


ガ「時にはお互い、己の本音をぶつけ合ってこそ分かり合えるものもあると思うんじゃ。考え方によれば、お互いの心の内を知るいい機会かもしれん。もう少し様子をみてみるか」




シャ「そういえば、なんで喧嘩してるのかな?」

ガ「それは分からんが・・・。おそらく戦闘に関することか・・。はたまた作戦内容についての意見の食い違いか・・・。いずれにせよ、何か重要なことかもしれん」




ガデムがそう言い終わったときだった。
































マ「だから!うま○棒の味は、めんたい味が一番美味いっていってんだろうが!!」





ア「いいえ!一番美味しい味はチーズ味です!!」











シャ・ガ『・・・・・・・・・・』




シャ「・・・・ねえ、あれって重要な事?」


ガ「・・・・、すまん。前言撤回していいかの?」



シャルロッテはあきれた顔になり、ガデムは目頭を押さえて悩み出した。







マ「やっぱりめんたい味だろ!塩加減もさることながら、あの適度なピリ辛さ!辛すぎることなく、子供でも美味しく食べられるあの味付けは最高だぜ!」


ア「なにを仰います!チーズ味のあの風味!その風味とマッチした味付けはう○い棒のなかでもぐんを抜いています!やっぱりチーズ味です!」






シャ「正直どうでもいいとおもうけどなぁ・・・・」



二人に聞こえないようにポツリとつぶやいたシャルロッテだった。




その時、マレットはシャルロッテとガデムを見つけるとこちらに来いと手招きした。




マ「丁度よかったぜ、シャル。お前の好きな○まい棒の味ってなんだ?」


ア「チーズ味ですよね?」




突然の質問にシャルロッテは心底戸惑った。





シャ「え!?え、え~・・と、チョコ味・・、かな?」












マ「・・・・・・・ヘッ





ア「・・・・・・・フッ





シャ「な、なによ!!その反応!」




マ「チョコ味って・・、チョコバーじゃないんだからよぉ」

ア「やっぱり女性には、私たちの考えは理解されないんですね・・」



シャ「ム、ムカツク~~~~!!」


顔を真っ赤にして二人に殴りかかろうとした時であった。





シェルツ「ん?どうした~。暴力はいかんぞ、暴力は」



休憩室に入ってきたのは、この部隊の司令シェルツ・ブルカーンであった。



シャ「あ、しれ~~い!聞いてくださいよ~~。この二人が私をバカにするんですよ~~!」



シェ「なにかは知らんが、イジメ、ダメ、ゼッタイ。」


マ「丁度いい。司令、うまい○で一番好きな味はなんだ?」




シェ「うま○棒?そんなもん、お好み焼き味に決まってるだろうが」



シェルツの言葉に、マレットとアカハナの顔つきが瞬時に変わった。




マ「さすが司令だぜ・・・。そんな地域限定味を言うなんてよぉ・・」


ア「味の善し悪しはともかく、他にはない味を大切にする心・・・。感服致しました」




何処か尊敬のまなざしで見る二人をよそに、もう勘弁してとつぶやきながら涙を流すシャルロッテの姿があった。









シェ「・・・・・、なるほど。事情は分かった。確かにめいんたい味もチーズ味も甲乙付けられない。ならばお互い勝負で決着を付ければいい」


マ「なるほどな・・。それなら文句はねぇ」


ア「こちらも依存はありません」


シェ「よし、話はついたな。勝負方法は次の戦闘で、多く敵兵を倒した方が勝利とする。それでいいな?」


マ・ア『了解!』







で、敵部隊接近。








20071015231228.jpg






「う○い棒で一番美味い味は、めんたい味だということを証明してやるぜ」












20071015231238.jpg







「チーズ味こそ一番です!」









「くらえぇぇぇぇ!」




「オォォォォォォ!」





お互い次々と敵機を落としていった。



しかし一瞬の隙をつかれ、マレットは背後をとられた。





マ「しまった!!」




敵の銃身から今まさに弾が発射されるときだった。





ガシャァァァァン!





なんとアカハナのアッガイが敵を撃破した。



ア「大尉!そんなことでは、めんたい味が一番であることを証明できませんよ!」



アカハナは一言そういうと、再び敵機を狙いに行った。



マ「ヘッ!いうじゃねぇか!」



マレットは嬉しそうに笑いながらアカハナの後を追った。






ア「し、しまった!」



今度はアカハナが敵機に囲まれてしまった。


しかしその時、後方から放たれたビームが敵機を次々に貫いていった。




マ「これで貸し借りナシだぜ!」


アカハナの背後を守るように、マレットはビームライフルを構えた。




ア「大尉。まだまだ勝負はこれからですよ!」

マ「あったりまえだ!俺が勝つ!」




先ほどの喧嘩がウソのように、二人は息のあった動きを見せ敵機を次々と倒していった。









数時間後。





シェルツ部隊の前には、連邦軍のMSの残骸が散らばっていた。



シェ「二人とも撃破した数は同じ・・、か。決着はどうする?」




マ「その必要はないぜ、司令」

ア「その通りです」




マ「すまねぇな、アカハナ。同じうまい○好き者同士、味の違いだけで争うなんて間違っていたぜ」

ア「いいえ大尉、自分も間違っておりました。めんたい味もチーズ味も、食べてみたらそれぞれ素晴らしい味。それを認めないで○まい棒を語るなんて言語道断でした」



マ「その通りだな。これからはお互いを認め合って真の○まい棒ファンを目指そうぜ!」


ア「こちらこそ!頑張っていきましょう!」





夕焼けをバックに、マレットとアカハナは固く握手を交わした。
















シャ「ねえ、おやっさん・・・。私たちどうしたらいいかな?」


ガ「・・・、わからん。というか、頭痛がしてきた」


シャ「私も・・・・・」



























何がしたかったのか、自分でもよく分からなくなってきましたw



ますますうちのマー助がとんでもないキャラに・・・。ファンの人に石を投げられそうな勢いですね。


アカハナは・・、ま、いっかw



勢いで書いてみたものの、カオスな話になったな~。



あ、ちなみに自分はチーズ味が大好きですw







さてさて。前回発表した第三回いぱらじ杯ですが。






反響があるのかないのか結構分かりづらい状況です^^;




まあ、日にちが近づくにつれてまた盛り上がるかとは思いますが。


ではここで色々とおさらい。





まず日にちですが。



11月24日(土曜日)に開催しようかと考えております。



23日と書きましたが、どうやら相方が帰ってこれないみたいなので24日に開くことにしました。


23日希望の方、まことに申し訳ありません><





続いて人数制限ですが、32人にしようと考えております。



さすがに40人ではキビシイですが、32人だとギリギリさばけるかなと。


トーナメントもしやすい人数ですし。






まあそれよりキツイのは



今回のレギュレーションなんですけどねw





今回はコスト400越えの二機だし総コスト950~1000


しかもコモンが禁止ですw



これが実にキツイ!w





まず編成なんですが、二機を絶対ださないといけないので、片方のコストは400以上600以下に組まないといけません。


しかも片方600、僚機を400にすると艦長が乗せられなくなりますw


で、そのデッキをアンコモン、レアだけで組まないといけません。


あ、これは付け足しですが。


クロニクルのことですが、☆1つはコモン、☆2つはアンコ、☆3つはレアと考えますので、☆1は使用できないのでよしなに。



はっきり言って当日即席でつくるのはマジで難しいです。


無難なのが一機を500程度、僚機を400に抑えて残り100を艦長分にさくのが良いのではないかと。



自分でいっておきながら、自分も結構悩んでおりますw



まあ、24日の追加カードしだいで色々と変わりそうですが。





とりあえず10月末までにはちゃんと決めてしまおうと思いますので。



参加希望される方は、もうしばらくお待ちください><



さて、ゲーセンが借りられるかな・・・・。
スポンサーサイト

Posted on 2007/10/15 Mon. 23:25 [edit]

category: カードビルダー

tb: 0   cm: 8

コメント

24日ですね~。(多分)楽しみにしてますo(^-^)o今度は相方も誘おうかな。あ、僕はうまい〇はコーンポタージュ味派ですw

URL | カート #-
2007/10/16 17:09 | edit

敢えて言わせて貰いましょうか・・・

「ピザ味」こそ一番です!

URL | NG #-
2007/10/16 22:03 | edit

あえて言おう!

納豆味が一番である!!

URL | ニムバス #YhxRTNrk
2007/10/16 23:17 | edit

>納豆味が一番である!!
激しく同意致しますw

URL | クロマテ #-
2007/10/17 00:28 | edit

チョコ味ってありませんでしたっけ?自分うまい棒あれば食べるんですが、あえて買ってまで食べない派なんですよね~。

URL | トモミチ #JalddpaA
2007/10/17 01:01 | edit

自分は世代的に「チョコバット」・「アンコ玉」なんですよね・・・。

URL | らっき #AqIeyIhg
2007/10/17 18:13 | edit

ガリガリ君のほうが好きです。

URL | レビル #-
2007/10/18 12:51 | edit

皆様、このようなネタにつきあって頂きありがとう御座いますw

>カートさん

参加して頂けるなら是非wコーンポタージュもありましたね~

>NGさん

ピザって最近見かけないですね・・・。

>ニムバスさん
>クロマテさん

納豆・・・、食べたこと無いッスwたべてぇ・・・・

>トモミチさん

50本入りでコンビニに売っていますよwみんなでワイワイ食べるときに買うとスッゴク幸せな気持ちになるのは自分だけでしょうかw

>らっきさん

チョコバット!wありましたね~。袋にヒットとかホームランとか書いていませんでしたっけ?

>レビルさん

うまい棒じゃありませんが、自分も好きですwでもスイカバーの方がもーーっとすきです!w

URL | 赤津 #-
2007/10/18 19:54 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://higanaitiniti.blog75.fc2.com/tb.php/109-be1aa368
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリー

カレンダー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。